キューアプリ

App_CUE

書式はパルアプリと同様です。詳しい説明はこちらをご覧ください。

TWELITE CUEモード

出力例

:80000000AE01A7810B64920180850F003400038104021205040410000000113008020D161130010205980000000100150440060188FCE000F01504410600B0FB20FFA0150442060058FB50FF4015044306FFC8FC10FE6815044406FFD8FBB8FDC815044506FFE0FBE8FF1815044606FFE0FBE8FF9815044706FFF8FBE0FFB815044806FFF0FC28FFE815044906FFD8FC00FFC09A69
^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^8^^^^^^^^^^^^^9^^^^^^^^^^^^^^^a^^^^^^^b^^^c^^^^^^^d^^^e^^^^^^^f^g^^^^^^^h^^^i^^^j^^^k^^^^^^^l^^^m^^^n^^^o ^p^q

意味

バイト数

データ例

備考

1

中継機シリアルID

4

80000000

2

LQI

1

AE

3

続き番号

2

009B

4

送信元シリアルID

4

810B6492

5

送信元LID

1

01

6

センサー種別

1

80

7

PAL IDとPAL Ver

1

05

TWELITE CUE

8

センサーデータ数

1

0F

15

9

センサーデータ0

7

00340003040281

パケットプロパティ参照

a

センサーデータ1

8

1205040410000000

イベント参照

b

センサーデータ2 (ヘッダ)

4

11300802

2バイト、拡張ビット有 電圧(電源電圧) 詳しくはこちらを参照してください。

c

センサーデータ2

2

0D16

3350mV

d

センサーデータ3 (ヘッダ)

4

11300102

2バイト、拡張ビット有 電圧(ADC1) 詳しくはこちらを参照してください。

e

センサーデータ3

2

0598

1432mV

f

センサーデータ4 (ヘッダ)

4

00000001

1バイト拡張ビットなし

ホールIC

詳しくはこちらを参照してください。

g

センサーデータ4

1

00

オープン

h

センサーデータ5 (ヘッダ)

4

15044006

符号あり2バイト、拡張ビット有

加速度(1サンプル目)

詳しくはこちらを参照してください。

i

センサーデータ5(X軸)

2

0188

X = 392mg

j

センサーデータ5(Y軸)

2

FCE0

Y = -800mg

k

センサーデータ5(Z軸)

2

00F0

Z = 240mg

l

センサーデータ6 (ヘッダ)

4

15044106

符号あり2バイト、拡張ビット有

加速度(2サンプル目)

詳しくはこちらを参照してください。

m

センサーデータ6(X軸)

2

00B0

X = 176mg

n

センサーデータ6(Y軸)

2

FB20

Y = -1248mg

o

センサーデータ6(Z軸)

2

FFA0

Z = -96mg

中略

p

チェックサム1

1

9A

1~pの1つ前までのCRC8

q

チェックサム2

1

69

1~pまでのLRC

パケットプロパティ

00340003810402
^1^2^3^4^5^6^7

意味

バイト数

データ例

備考

1

各種情報ビット値

1

00

拡張バイトなし、符号なしChar

2

データソース

1

34

起床要因

3

拡張バイト

1

00

4

データ長

1

03

5

パケットID

1

81

0~127、MSBはイベントがあるかどうか 0もしくは0x80はADC1と電源電圧、イベント以外はデータがないことを示す

6

起床要因センサー

1

04

磁気センサー:0x00 温度:0x01 湿度:0x02 照度:0x03 加速度:0x04 DIO:0x31

タイマー:0x35

7

起床要因

1

02

送信要因 イベントが発生した:0x00 値が変化した:0x01 値が閾値を超えた:0x02 閾値を下回った:0x03 閾値の範囲に入った:0x04

イベント

1205040410000000
^1^2^3^4^5^6^7^8

意味

バイト数

データ例

備考

1

各種情報ビット値

1

12

拡張バイトあり、符号なしLong

2

データソース

1

05

イベント

3

拡張バイト

1

04

イベントの発生要因

磁気センサー:0x00 温度:0x01 湿度:0x02 照度:0x03 加速度:0x04

MSBが1の場合はデータ2にデータが存在する。

4

データ長

1

04

5

データ1

1

10

イベント発生要因が磁気センサーの場合

0x00(0):近くに磁石がない 0x01(1):磁石のN極が近くにある 0x02(2):磁石のS極が近くにある

イベント発生要因が加速度の場合

0x01(1)~0x06(6):さいころ 0x08(8):シェイク 0x10(16):ムーブ

6

データ2

3

000000

未使用