超簡単!標準アプリ

App_Twelite

相手端末からの状態通知:ステータス0x81

データフォーマット

:78811501C98201015A000391000C2E00810301FFFFFFFFFB
^1^2^3^4^5^^^^^^^6^7^^^8^9^^^a^b^c^de1e2e3e4ef^g

番号

バイト数

意味

データ例

内容

備考

1

1

送信元の論理デバイスID

78

送信元の論理デバイスIDは0x78

2

1

コマンドID

81

IO状態の通知

3

1

パケット識別子

15

アプリケーションIDより生成される

4

1

プロトコルバージョン

01

01 で固定

5

1

LQI

C9

201

0が最小で255が最大

6

4

送信元のシリアルID

8201015A

送信元のシリアルIDは201015A

7

1

宛先の論理デバイスID

00

親機宛

8

2

タイムスタンプ

0391

約14.3秒

1秒で64カウント

9

1

中継フラグ

00

中継してない

※1 参照

a

2

電源電圧[mV]

0C2E

3118mV

b

1

未使用

00

c

1

DI の状態ビット

81

DI1がON(Low)

DI1(0x1) DI2(0x2) DI3(0x4) DI4(0x8)。1がOn(Lowレベル)。

MBSが1だったら定期送信。

d

1

DI の変更状態ビット

03

DI1とDI2が変更対象

DI1(0x1) DI2(0x2) DI3(0x4) DI4(0x8)。1が変更対象。

e1

1

AI1の変換値

01

16mV

※2、※3 参照

e2

1

AI2の変換値

FF

未使用

※2、※3 参照

e3

1

AI3の変換値

FF

未使用

※2、※3 参照

e4

1

AI4の変換値

FF

未使用

※2、※3 参照

ef

1

AI1~AI4の補正値

FF

未使用

LSBから順に2ビットずつ補正値、LSB側が AI1、MSB側が AI4

※2、※3 参照

g

1

チェックサム

FB

※1 中継フラグは中継の回数を意味します。中継をしていない時は0になります。 ※2 AD値の復元には以下のように計算します。

AI1[mV] = (e1 * 4 + ef1) * 4 AI2[mV] = (e2 * 4 + ef2) * 4 AI3[mV] = (e3 * 4 + ef3) * 4 AI4[mV] = (e4 * 4 + ef4) * 4

※3 AI は未使用(VCC接続) の場合、対応する e1 ~ e4 値は 0xFF です。‌

任意データの送受信:コマンド0x01

データフォーマット

:780100112233AABBCCDD13
^1^2^^^^^^^^^^^^^^^3^4

番号

バイト数

意味

データ例

内容

備考

1

1

送信元の論理デバイスID

78

送信元の論理デバイスIDは0x78

2

1

コマンドID

01

任意データの送受信

3

N

データ

00112233AABBCCDD

4

1

チェックサム

13